営業という業務は得手・不得手が明確にわかれやすく、営業スタッフによって給料に数倍の差が生じるケースがよくあります。同じ企業内の営業スタッフを例にすると、年収300万円の人もいれば1500万円稼いでいる人もいるという感覚です。これほどまでに年収に開きが生じる業務だからこそ、苦手な人は成長の余地が大きく残されています。企業側としても営業部門を成長させることが利益につながるとわかっています。

しかし営業に王道はないと言われるように、結果を出すのが難しい業務でもあるのです。sfaとは営業管理ツールのことで、営業を過程別に見える化することができます。営業スタッフ一人ひとりの得意分野、苦手分野を把握するために役立ちます。sfaとはひとことでいえば、営業成績を上げるためのツールです。

営業スタッフにとって自身の弱点を把握するのは非常に有意義なことでしょう。営業成績が上がると給料も増えるので、仕事が今よりも楽しくなるはずです。営業は努力をすれば結果が出るというものではありません。効率こそが最も大切であり、これを知っている人は結果を出しています。

営業プロセスが明確になれば、やるべき業務が見えてくるでしょう。sfaとは業務のムダを抽出し、改善していくためにも役立つツールです。ほとんど結果につながらない業務であれば、思い切って除外したほうがいいかもしれません。逆に重要視されていないプロセスが重要だとわかるケースもあるなど、sfaとは営業を客観視するために役立つことがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です