sfaとは営業を支援するためのシステムで、導入する企業が増えています。実際の営業活動にできる支援とはどのようなものがあるのかというと、営業活動の効率化があげられるでしょう。営業の仕事は企業を回り人と会うことが仕事で、仕事先から直帰することもあります。しかし、日報や週報を書くためにわざわざ会社に戻らなければならないこともあるでしょう。

sfaツールを導入すれば、出先から日報を書きてシステムを通して提出することが可能です。移動中の空き時間にスケジュールを立てたり、報告書を書いたりすることができます。わざわざ戻って報告書を上げる必要もなく、作業を効率化できます。そして、あげられた日報や週報はリアルタイムでチェックできるため、社員全員で情報を共有することが可能です。

システム上でエクセルやワードも使用できるため、文書の作成も簡単であるうえ添付も簡単にできます。営業担当者と管理職の連携も取りやすく、電話やメールなどを使わなくてもスムーズな情報のやり取りが可能です。sfaツールとは、業務の効率化だけでなく情報共有のスムーズ化も実現できます。1つ注意しなければいけないのは、sfaを導入しても使いこなせなければ意味がないことです。

そのため、全員が使いこなせるよう研修などを行う必要があります。sfaツールには色々なタイプがあり備えている機能も異なるため、比較をして自社に合ったものを選ぶ必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です