ライバルが多いビジネスの世界では、正確な情報が情報戦を生き抜く鍵になります。企業では情報を管理するシステムを導入し、営業活動やマーケティングに活用しています。sfaツールも情報を管理するシステムで、多くの企業で使われています。顧客管理機能はsfaツールの中でも重要な機能で、顧客の基本情報から問い合わせまで幅広い情報を保存します。

顧客との信頼関係を強化すると、リピート率が上がりやすくなります。営業担当者は顧客から様々な要望を聞き取り、商品やサービスの開発に役立てています。日本でもインターネットやSNSが広く普及し、顧客は欲しい情報を自分で入手できます。大企業でも新しいユーザーを発掘するのが難しいため、リピーターの獲得に熱心です。

sfaツールを活用すれば過去の履歴を簡単に確認できるため、顧客の好みに合う商品やサービスを適切なタイミングで紹介できます。自社製品を使っている顧客を逃さないように、企業ではsfaツールなどの便利なシステムを利用します。ユーザーの情報を踏まえて商品やサービスに関するアフターサポートを行えば、顧客満足度の向上が期待できます。sfaツールにはアラート機能も搭載され、収集した情報から次のタイミングを教えてくれます。

アラート機能を使うと対応漏れを防ぎ、狙っている優良顧客に対して最新の情報を伝えられます。提案書や見積書の作成など、商談の日までに必要な事項をアラートで設定できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です