長く勤めてきた会社であっても親の介護や子供の病気などで急に退職しなければならない状態になることは、男性女性共に会社員であれば誰にでも起こりうることです。事務員であればたいていマニュアルを作っていることが多いのと概ね2週間前後から一か月近く引継ぎをしてから辞める人が多いため、後任者も何とかやっていけるということが多いのですが、営業担当者の場合はマニュアルもありませんし内勤業務にほとんど携わっていない人であれな突然辞めたり退職代行サービスを使って急に来なくなるといったケースもあります。社内的な業務では困ることはなくても、退職した前任者がどこの企業にどういった商品を提案営業していたのかがわからずに、後任者が既に前任者が営業済の企業に説明済の商品を再度提案してしまうといったことが起こりえます。そのような時のためにも営業支援ツールさえ導入しておけば、各営業担当者が開拓してきた顧客情報や案件内容それに商談内容といった情報も管理でき、社内の営業部署間で共有することができますから、重複して営業してしまうような事態を避けられますし取引先のキーマンなども把握できるようになりますから、前任者が突然退職するようなことがあったとしても営業支援ツールがあれば引き継ぎの面でも安心できます。

何より営業支援ツールを導入してデータ管理ができるようにしておけば、仕事もスムーズに進み日々の業務も簡潔に終わらすことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です