sfaは導入した後で適切な運用方法をすることによって、その内容が有効なものへと進化する営業ツールです。最近では多くの企業で様々な情報連携ツールが使用されていますが、そのほとんどは単に情報共有にとどまっていることが少なくありません。商談情報を共有する場合には、その内容を確認した様々な部門からコメント等が投稿される事は多くても、これらは一元的に管理され必要な情報を取り出すことができる構造にはなっていないのが一般的です。sfaは営業支援ツールと言われることも多く、営業活動に特化した様々な情報を表示することができるのが特徴です。

顧客に新たな商品を提案する場合などは、過去の商談の事例や様々な担当者の特性などを記録しておくことによって、その提案の方法を検討する際に必要な参考情報を得ることができますが、これらは適切に管理をされていないと効果的に利用することができません。sfaでは標準的な利用方法は盛り込まれているものの、これは企業にとって有益かどうかはそれぞれのスタイルによって異なるものです。sfaは様々な情報を蓄積するとともに、その連携の方法もそれぞれの企業に合わせてチューニングすることによってより使いやすいものになります。そのため、運用管理の方法を適切に調整することにより、企業の営業スタイルに合わせて進化させることができるのが特徴です。

導入直後は違和感を感じることも多いのですが、自社に合わせた運用管理を積み重ねることにより、効果的な情報源へと進化するのが特徴となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です