営業の仕事は質問事項による電話対応やメールの返信、来訪者の対応など様々な業務が発生します。全てを1人で行おうとすると、かなり時間がかかるうえ入力などに時間が取られ、新規開拓まで行きつかない場合があります。時間がなくて成約の機会を逃すのは大きな損失ですし、単純にもったいないです。そんな時はsfaのツールを導入し賢く使うことにより、大幅な効率アップがはかれ、空いた時間に別の仕事ができます。

sfaは、sfaは、営業に関する情報を集約し、業務を支援する大切な役割を担ってくれます。sfaのツールとしては、名刺管理システムがあげられます。展示会でもらう名刺は膨大な枚数になります。それをファイリングしてとっておくだけなのは、機会損失につながる恐れがあります。

きちんとツールに入力し、会社名や業種をデータ化し可視化することで、今後の営業戦略やメールの打ち方などを決定できます。また自社がどの業種から興味を持たれているかを知るのは、DMを打つ時の指針にもなります。さらに営業日報を電子化すると作成の手間を減らすうえ、上司に提出しやすく確認も簡単です。また誰でも見られる状態にしておくと、担当者が不在、もしくは急遽交代した際でも現状の把握ができ引き続きの手間がかかりません。

商談内容や実績の管理を簡単にすると、会社全体の利益にも繋がります。適切にsfaツールを使用するために、導入の際はしっかりと出来る事、出来ない事の確認が最も重要です。sfaのツールのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です