営業支援ツールとは営業活動を行う中で必要なる業務をシステム化して、営業マンの業務の負担を軽減してくれたり、組織の中で情報共有を容易にしてくれる支援システムです。例えば日報の作成や情報の記録などそれまで手動で入力して記録しているような業務を自動で作成してくれるなど、一人の人員にかかる負担を軽減できます。負担が軽減された分だけ営業活動に専念できるので、顧客を獲得する事により集中する事ができます。営業マン同士が情報共有ができていないと同じエリアや同じ顧客に対して同じような営業活動をしかけてしまって、効率の悪い活動になってしまう事があります。

さらに商談が途中まで進行しているのに関わらず、対応する人員が変わるタイミングで進捗に関する情報が共有できていないと相手の心証を悪くすることもあるので、支援システムによって情報共有できる事は業務効率の向上に貢献します。営業支援ツールは管理職の業務にも役立つもので、組織が大きくなるほどに管理職側からすると仕事の進捗状況が把握しにくくなります。そうなると組織の中で問題が発生しているところや改善の余地があるところを把握しにくくなりますが、営業支援ツールを使う事で分かりやすい形で可視化できるようになります。クラウド型の営業支援ツールを導入すれば、特定のデバイスから出なくても権限のある人が自らのデバイスを使って営業支援ツールを使用できます。

これならば出先などからも使用できて、より利便性が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です