会社組織がそれなりに大きく、営業担当が大勢いるのならば、導入したいものに営業支援ツールがあります。これは、予定から報告まで一元管理出来るシステムであり、導入する事で使う側も管理する側も動きやすくなるというものです。特に、外を飛び回る営業にとって会社の情報や速報はありがたいものですが、そういったものをリアルタイムで反映して携帯端末で確認出来るのは嬉しいところでしょう。また、営業支援ツールにある機能として成果を日報としてまとめていけるというものがあります。

営業先それぞれでどうだったかを入力していくと、最終的に日報が出来上がってくれるので、帰社してから改めて腰を据えて作業する必要がなくなります。これは一部では重要な作業とも言えますが、別の面では二度手間になっていたところでもあるので、ITの力でそれを少なく抑えるのは良いことではないでしょうか。全体を俯瞰して見られるのも営業支援ツールの良いところで、各自が動いているのを上長が確認し、無駄であったりあまり意味がない部分を取り払う判断をしやすいのもメリットとなります。同じ地域に人を出し過ぎていたり、近い周期で回っていて意味が薄かったりするのはしっかりと切っていく必要があるでしょう。

営業支援ツールにはGPSからのデータを取得して、実際にどこにいるかを判断出来る機能もあります。担当者からはあまり良く思われていないものですが、使う側からすればしっかりと管理出来る為、そこも有効利用したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です