新型コロナ感染拡大は世界中を脅威に陥れました。単に感染して高熱がでて、下痢や嘔吐を繰り返すというインフルエンザウイルスとは異なります。重症化も甚だしく抵抗力の弱い基礎疾患や高齢者は感染すると命を落とすとして世界が脅威に陥れられたのです。このような未知のウイルスの拡大によって、政府はステイホームを叫び多くの人が自粛生活を強いられました。

合わせて各企業もリモートワークを導入し、自宅でパソコンを使って今までオフィスでしていた仕事をするようになっていったんです。慣れない環境での仕事は非常に困難を極めたんです。特に営業活動は取引先と対面で商談が出来ず、非常に困難だったのです。そこで注目されるようになったのが、営業支援ツールです。

営業支援ツールの中にもタスク管理や案件管理など種類がたくさんありますが、特に顧客管理ツールのニーズが高まりました。オンライン上で社員が顧客情報を瞬時に閲覧できるツールであり、顧客管理ツールの導入はコロナ禍で大いに役立ってくれたのは言うまでもありません。顧客管理ツールのなかでも名刺を読み込み一元管理できるもの、営業から顧客管理まで一括権利出来るもの、マーケティング活動において最適化し貢献してくれるソフト、カード形式で営業活動が直感的にできてしまうソフトなどが特に人気になっています。今後もきっとリモートワークは増え続けていくことでしょう。

遠隔でも業務の効率化をアップさせたいなら顧客管理ツールを導入するのは必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です