睡眠と美容の深い関係とは

美肌つくりのためには質のよい眠りをとることが必要です。たくさん寝たはずなのに、お肌が荒れてしまう、夜中に何度も寝覚めてしまい熟睡できなかった、などという場合は、眠りの質が悪い可能性があります。睡眠と美容の関係には、眠っている間の成長ホルモンが深く関わっています。私たちのからだは、お肌がうまれかわるためにターンオーバーを繰り返しますが、このターンオーバーは主に睡眠中に成長ホルモンが分泌されることで行われます。

そのため、美容には成長ホルモンが分泌されることが欠かせません。睡眠が十分にとれていないと成長ホルモンの分泌が経減るので、お肌のにダメージが残り美容に悪い影響がでる可能性があります。美肌のための成長ホルモンは、眠り始めてから約3時間程度の深い眠りの間に一番多く分泌されることがわかっています。そのため、長く眠ることではなく深い眠りが重要になってきます。

お肌のゴールデンタイムは、夜の10時から2時くらいだと言われていますが、生活する上でこの時間帯に眠ることが難しい方もいます。そのような方は、眠り始めてからの約3時間は深く眠れるように工夫すると効果的です。私たちにとって睡眠はお肌の美容にとって欠かせないもので、お肌を健康に若々しく保つために必要なものです。また、眠っている間に分泌される成長ホルモンは美しいお肌を作るだけでなく、日中に受けたダメージや疲れを回復させる働きもあり。

お肌の回復にも役立っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です