良い睡眠を摂る方法と美容について

睡眠と美容の関係として、まず、人は眠っている間に成長ホルモンを分泌し、組織や細胞の修復を行います。美容のために睡眠を摂る時間帯として一番良いとされるのは、22時から翌2時の間です。この間に質の良い睡眠を摂ることが美容に良いとされております。それによって、肌のターンオーバーを正常にし、細胞も生まれ変わり、綺麗な肌を保つことができます。

質の良い眠りは、長く寝ていればよいというわけではなく、深い眠りをすることで、脳や体が休んでおり、副交感神経が優位になってゆったりした状態を言います。質を悪くする行動として、寝る直前までテレビやスマートフォン、パソコンなどの画面を見ることで脳を活性化させてしまうことや、アルコールの飲みすぎ、寝る前に食べ過ぎるなどがあります。質の良い眠りを摂るためには、まず、太陽の光を浴びることで、体内時計を調節するため、夜にメラトニンという眠くなるためのホルモンが増加するため眠くなるようになります。適度な運動をすることも効果的です。

・運動をすることで、ストレスや不安感などを減らし、深い眠りに誘うための手助けになります。夜寝る前の温かいシャワーを浴びるとリラックスさせるのに効果的です。香りによっても気持ちを落ち着かせる効果があります。ラベンダーの香りがリラックスに効果があるということは有名ですが、他にもリラックスに効果がある香りはいくつかあります。

ライトを消してメラトニンの生成を増やしたり、静かな環境を作る、シーツやマットなどにこだわってみるなども効果的です。筋トレのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です